きみの見上げる青空が
いつまでも青く澄みわたっていますように

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - - -
    6さい
    2015年5月3日

    今年も娘の誕生日がやってきました。

    今年は娘を産んだ6年前と同じカレンダー。
    曜日が一緒。
    6年前の5月3日も同じ日曜日で
    みんなが病院に集まってくれたなぁ、と
    当時のことをぼんやり思い出しました。

    あの日から6年。
    眩しいくらいにどんどん成長して
    ときどきちょっとだけ焦ったりします。

    私、お母さんとしてちゃんと娘のことみてるのかな、分かってるのかな、と。

    大きくなるにつれて
    子育ての悩みも複雑になってきました。

    だけれど

    心も体も健康にそだってほしい

    突き詰めれば、母の願いはそれだけ。


    あの日私の腕の中で
    小さな口で一生懸命おっぱいを飲む姿を思い出しては
    産まれてきてくれてありがとう
    という感謝の気持ちでいっぱいです。


    りこのおかげでお母さん、たくさんの気持ちを味わってるよ。
    ありがとう。

    6歳のお誕生日、おめでとう。






    0
      きねんのきろく comments(0) trackbacks(0)
      サンキュー
      昨日9月4日、またひとつ年を重ねました

      とうとう30代最後ですよ

      あっという間の30代でした

      そろそろ年に見合った丁寧な暮らしを実現させたいなー

      させたいなー、なんて言ってるうちはできないよな

      しなきゃね

      そんなことを毎日ぼんやり考えながら
      日々のあれやこれに追われる毎日

      私なりの小さな変化を大切に
      30代最後の年

      39、サンキュー、だから
      人に感謝して過ごす一年にしたいと思います


      0
        きねんのきろく comments(0) trackbacks(0)
        5さい
        5月3日、娘が5歳になりました

        今年は「みんなにお祝いしてほしい!」という本人の希望で
        ケーキを買って実家でお祝い

        ろうそくふー!のあと
        夫が「では、りこさん一言お願いします!」と半分冗談まじりに娘に振る場面があり
        プレッシャーに弱い娘が実家家族のみんなに囲まれて何ていうんだろうと思っていたら

        「おたんじょうびおめでとうっていってくれて、ありがとう」

        と照れながら答えました


        毎日見ているのに
        知らぬ間に成長したなーと思わされる場面もたくさんあって

        嬉しい反面ちょっとだけさみしかったりもします

        こうやって少しずつ大きくなっていくんですね


        何はともあれ
        今年も健やかにこの日を迎えられたことに感謝


        りっちゃん 5歳のお誕生日おめでとう




        0
          きねんのきろく comments(0) trackbacks(0)
          4さい
          5月3日
          娘が4歳になりました

          まだまだ甘えん坊な彼女だけれど

          時々ハッとさせられるくらいお姉さんになったなぁと思うことも

          母としてまだまだ未熟な私も
          彼女に救われてるところがたくさん

          いろんなことに追われる毎日だけれど
          娘とはいつも正直に誠実に向き合っていきたい

          彼女の無邪気な笑顔を見るたび
          そう背筋がしゃんとする思いになるのです


          あなたは神様がくれた私の宝物です

          私のところに生まれてきてくれてありがとう

          りっちゃん、4歳おめでとう

          0
            きねんのきろく comments(0) trackbacks(0)
            3回目のお祝い
            少し前のお話になりますが
            5月3日、娘が3歳の誕生日を迎えました

            お誕生日前日と当日は仕事日だったけれど
            どうしてもこの日に何かしらのお祝いをしてあげたくて
            スポンジケーキだけ市販のものを使い、不器用ながら朝からバースデーケーキを作りました




            眠い目をこすりながら起きてきた娘に
            「りっちゃん、3歳のお誕生日おめでとう!!」

            寝起きの顔がぱぁーっとにやけてきて
            ケーキを見て、うわぁー!と喜んでくれました



            朝からケーキ食べるとノリノリの娘
            もちろん特別に許しましたよ





            いちごだけむしゃむしゃと食べて言った一言
            「かあさん、いちごがなくなったから、いちごのせてー」

            そうきたか。
            でもいいよ。
            今日はりこのお誕生日だもんね。

            残ったいちごをぽんと乗っけてあげると
            フォークでぷすりと刺して
            おいしい!と食べてくれました



            賑やかでやんちゃで泣いたり怒ったり
            娘との毎日はとても大変だけれど

            それ以上の笑顔と喜びと安らぎに満たされて、私は幸せです

            お母さんのところに生まれてきてくれてありがとう

            これからも朗らかに健やかに
            毎日笑顔で大きくなってほしい

            親の願いなんて
            突き詰めればただそれだけだなぁ、と

            クリームまみれで笑う娘を見て思うのでした


            今年はどんな姿を見せてくれるんだろうね

            3歳のお誕生日おめでとう









            0
              きねんのきろく comments(2) trackbacks(0)
              7周年
              少し更新が遅れちゃいましたが

              5月16日に
              私たち夫婦は結婚8年目を迎えました

              7回目の結婚記念日
              もうあれから7年も経つんだなぁ、と
              時間の早さにただただ驚くばかりです

              あっという間に過ぎた気がするけれど
              7年の間にいろんなことがあった

              2人の生活が3人になり
              生活習慣もがらりと変わりました

              他人と共に暮らすということ
              その難しさに悩んだこともあったけれど

              ひと山を越えふた山を越え…

              私たちなりのペースで「家族」になっていけてるかな


              8年目の今年
              さらに笑顔の絶えない一年になりますように


              一緒にガハガハ笑ってるときがいちばん幸せ


              2
              きねんのきろく comments(0) trackbacks(0)
              35th
               100905_075947.jpg

              35歳になりました

              誕生日前日の9月3日
              カウントダウンしながら日付が変わるのを待つ…
              つもりがまさかの寝かしつけ寝落ち

              母は誕生日だって睡魔には勝てないんだよ

              というわけでいつも通りに迎えた4日の朝

              去年までと違うのは
              おはようと声をかけると笑顔で抱きついてくる娘
              去年のこの時期はまだ寝てるだけだったもんね

              来年はどんな誕生日を迎えられるやら

              ------------------

              35歳の抱負
              「いつもと変わらない日常こそが幸せ
              と、思える毎日を過ごす」

              ------------------

              誕生日前日に見た空に小さなハート

              100903_164412.jpg






              0
                きねんのきろく comments(2) trackbacks(0)
                誕生
                Image2261.jpg
                ゴールデンウイーク、いかがお過しですか?



                5月3日 憲法記念日
                ゴールデンウイーク真っ只中

                午後2時59分
                3145グラムの元気な女の子を
                無事、出産しました



                夜中0時くらいから陣痛らしきものが始まり
                時間とにらめっこしながら朝を迎えました

                10分おきの陣痛を確信して病院に連絡

                朝9時すぎに病院に到着してから約6時間後に出産

                全13時間の安産でした


                とはいえ
                お産は想像を絶する壮絶なもの

                でも
                それ以上にとてもとても素晴らしいものでした


                私をこの世に送り出してくれた母に感謝

                そして
                私と一緒に何時間もかけてがんばって
                上手に出てきてくれた赤ちゃんに感謝


                彼女の産声を聞いた瞬間
                それまでの痛みや苦しみが喜びに変わりました



                赤ちゃんのオムツを変えたり
                ミルクをあげたり

                病院でのお世話が始まって
                わからないことばかりで大変だけど

                とても幸せ

                おっぱいは最初からぴゅーぴゅー出るわけじゃないけど
                少しずつ根気よく吸わせてたら出るようになるんだって

                初めて私のおっぱいを吸う我が子の姿は
                とても感動的でした

                教えてないのにちゃーんとわかるんだね

                なんだか生き物の生命力を感じました




                出産奮闘記、また書けたら少しずつ書いていくかも


                先ずは

                私の妊娠を祝い励ましてくださったすべての方々に

                たくさんのありがとうを。



                きっと私

                今までの人生でいちばん頑張ったよ!!


                0
                  きねんのきろく comments(2) -
                  人生の波は突然に
                  Image6451.jpg
                  最近の私は、もっぱらツワリと闘っています

                  数カ月前には微塵も想像しなかった現状に
                  人生って本当にわからないものだとつくづく実感しています

                  数年通った不妊治療をここ一年以上おやすみし、
                  子供がいないならいないなりに自分の時間を楽しもうと気持ちも切り替わっていた矢先の妊娠発覚。

                  で、冒頭の言葉。

                  本当、人生って一寸先は闇
                  明日何があるかわからない

                  だからこそおもしろいのかもしれません

                  そして今の私も
                  未知なる妊婦の世界をこれから味わう予定です

                  不安がないと言えば嘘になるけれど

                  与えられた人生を
                  人生のやってきた波を
                  自分なりにゆらゆらと進むのみ

                  少し前までうつむきがちな日々でしたが
                  お腹の中の小さな命が、これから起こる小さなわくわくの詰まった人生をプレゼントしてくれた、
                  そんな気がします


                  ツワリになんて負けてらんない!

                  今の私は
                  そんな前向きな気持ちです


                  33回目の誕生日とともにやってきた小さな命のために。


                  0
                    きねんのきろく comments(4) -
                    芽生え
                    今までいろんなことがあって
                    自分のしてきたことは決して正しいことばかりじゃなかったけれど

                    今の私でいいんだと
                    すべてを肯定してもらったような気持ち


                    結婚して5年
                    いろんな迷いと葛藤に
                    愚かな自分を何度も悔やんだけれど

                    小さな小さな命が
                    私を母親に選んでくれました


                    授かった新しい命に
                    行くべき道を教えてもらったような気がします



                    来春、私、母になります


                    0
                      きねんのきろく comments(2) -
                      | 1/1 |